チラコイドのダイエット効果について解説

チラコイドとは?

チラコイドとは、ほうれん草に含まれている成分の1つです。ほうれん草が緑色なのは「葉緑体」を豊富に含んでいるからですが、その中に含まれる袋状の膜のことを「チラコイド」と言い、葉緑素(クロロフィル)などの光合成に必要な成分を含んでいます。

 

実はこの「チラコイド」が、人間にとってスゴい効果をもっているのです。

 

チラコイドの食欲抑制効果

チラコイドには「食欲抑制効果」があると言われています。つまり、「食べたい」という欲求そのものが抑制されるため、食べる量が減り、ダイエットにつながるということです。

 

この効果が発見されたのは2014年3月。

 

食欲抑制研究の専門家、スウェーデン・ルンド大学のシャロッテ・アーランソン・アルバートソン教授が「チラコイドには満腹感を感じさせるホルモンの放出を抑制する」と発表をしました。

 

 

特に効果的なのが「間食の減少」で、実験も行われており、チラコイドを毎朝食べた15人のグループは、それ以外のグループに比べて間食の欲求を抑えることに成功したそうです。

 

ダイエットを失敗させてしまう理由の1つに、「ついつい間食してしまう」というものがあります。3食の食事を少なくしていると、食間にどうしてもお腹が空いてしまい、「少しくらいなら…」とおやつを食べてしまいがちです。その結果、リバウンドに至ってしまうのです。

 

食事を我慢することや、空腹状態に耐えることです。ですが、満腹ホルモンが分泌された状態になると、少ない食事でもしっかりと満足できるようになるだけでなく、すぐにお腹が減るという事もなくなり、ダイエット中に感じる食べたい物を我慢しなければいけないというストレスを感じなくなります。

 

海外でチラコイドが大ブーム!


スウェーデンで発見されたチラコイドはすぐに話題を呼び、アメリカのセレブ達の間でブームとなります。

 

その火付け役となったのがミランダ・カーです。ミランダ・カーは自作のグリーンスムージーで話題を呼びましたが、チラコイドをスムージーに入れることでさらにダイエット効果を高ることに成功したのです。

 

それからの勢いは凄まじく、女性アーティストの「マドンナ」など、さまざまなセレブが取り入れてダイエットに成功してきました。

 

日本でもブームになりつつある!

海外でこれだけチラコイドが話題になっているのですから、美容に敏感な日本のセレブたちも黙ってはいません。

 

ママモデルの仁香


 

ダレノガレ明美

出典:http://ameblo.jp/darenogare/

最近飲んでるチラコル

 

ほうれん草スムージーなんだけど、飲みやすくて好き

 

このように、チラコイドは海外から日本に輸入され、どんどん利用者を増やしているのです。

 

チラコイドが食欲に与える影響

チラコイドには、脂肪の消化吸収を遅くする働きがあります。それにより、満腹ホルモンが分泌されやすい状態を作ることができ、無理せず食欲を抑えていくことが可能となるのです。

 

普通、食事制限を始めると、徐々に体が慣れて、少ない食事でも満足できるようになると考える人もいます。しかし、経験してみるとわかりますが、ダイエットを続けるほど、飢餓感が強くなり、食欲が抑えられなくなるのです。

 

これは満腹ホルモンの分泌量が減るためで、チラコイドはこのホルモンの分泌を助ける事で、食欲を抑えていくことができるようになっています。空腹を感じる事が少ない状態になれば、ストレスを感じる事も減り、ダイエットを成功させやすい状態を作れます。

 

ほうれん草ダイエットのススメ

ほうれん草に含まれる「チラコイド」が食欲抑制に効果があるということで、「それなら、ほうれん草を食べればダイエットになるのでは?」と考える人もいるでしょう。

 

まずは、チラコイドの多い食品について知ってみましょう。チラコイドは葉緑素(クロロフィル)の量からわかります。

 

食品名 100g中の葉緑素(クロロフィル)含有量
シソ 175.8mg
ほうれん草 115.4mg
ニラ 49.3mg
パセリ 45.8mg
キャベツ 39.2mg
春菊 28.4mg
トマト 3.2mg
にんじん -

 

このように、全体的に緑色の食品はクロロフィル含有量も多いことがわかります(トマト、にんじんなどはほとんど含まれていません)。そして、意外なことに一番クロロフィルが多いのは「シソ」でした。2位がほうれん草です。

 

とはいえ、シソは量を食べるのは難しいですし、たっぷり食べられるほうれん草の方がダイエットには向いているでしょう。「シソダイエット」ではなく「ほうれん草ダイエット」と言われているのはそのためでもあります。

 

ほうれん草ダイエットの誤解

誤解しやすいのですが、ほうれん草を積極的に食べるだけではチラコイドのダイエット効果は得にくいです。確かにほうれん草にチラコイドは含まれていますが、そのまま食べる方法には限界があるのです。

 

ほうれん草自体は、栄養も食物繊維も豊富で、ダイエットをしたい時に積極的に食べておいて損はない野菜の一つです。そのため、サラダやスムージーといった方法で摂取して、他の食事を減らすことでダイエットはできます。

 

ただ、チラコイドの「食欲抑制効果」に期待して摂取を考えるのであれば、ほうれん草から摂取するだけでは不十分。栄養バランスを考えれば、毎食ほうれん草ばかり食べるわけいにもいきませんので、サプリメントを考えておくことがおすすめです。サプリメントであれば、3食の食事にプラスしてチラコイドを摂取できるので、手軽にしっかりとチラコイドを取り入れることができます。

 

そして、チラコイドをしっかりと摂取する事で、少ない食事の量であっても、満腹感を感じやすく、ストレスが少ない状態でダイエットをしていくことが可能になります。チラコイドが含まれた食品といえば、ほうれん草と注目を集めていますが、しっかりとこの成分を摂取したいのであれば、普通にほうれん草を食べるよりも、サプリメントのほうがよいのです。それにより、食欲を抑える効果をしっかりと実感しやすくなります。